前へ
次へ

七五三の時期と神社の選択について。

七五三とは、子供が無事成長したことを神様に感謝し、お祝いする昔ながらの風習です。祝う時期は男女の性別で違い、男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳で行ないます。昔は数え年でお祝いしていましたが、現在では満三歳、満五歳、満七歳で行なうのが一般的だといわれています。ただし、歳の近い兄弟がいる場合には、どちらかに合わせてもう片方の子供を数え年でお祝いする場合もあります。七五三は主に、11月15日に行なわれますが、近年では10月中旬から11月前半の吉日などにお参りするご家庭も多いようです。お参りする神社は、昔は自宅近隣の土地神様にお参りすることが多かったようですが、現在では神社の格式やどんな神様を奉っているかなどで選択するすることも珍しくないようです。

Page Top