前へ
次へ

就職祝いのお返しはどうすればいいか

お祝いを頂いた場合、よく「半返し」とも言われています。頂いた金額のおよそ半分を目安にお返しをすることです。就職祝いを頂いた場合、まず最初に感謝とお礼の言葉をきちんとお伝えしましょう。必ず品物で返さなければいけないものでもありません。家族やお世話になった方に、形としてお返しをする場合には、初任給が出た時点で、自分の収入に見合った無理ない範囲の金額をお返しするといいでしょう。働いたばかりですから、「半返し」にこだわらなくても大丈夫です。お祝いをしてくれたことに感謝し、きちんとお礼と感謝の気持ちを伝えることがまずは一番です。そして、無理ない予算の中で相手が喜んでくれるようなものを考えて、お贈りすることで気持ちは伝わることでしょう。お祝いを頂いたら、まず感謝の言葉、お礼の言葉をしっかりお祝いをしてくれた人にお伝えし、品物でお返しをする場合には初任給が出た際に、無理のない範囲で贈り物をお渡ししましょう。

Page Top