多様な葬式が増えた理由とは何か

葬式は今、多様化しています。
生前に行なう生前葬や家族だけで行なう家族葬や病院から火葬場に遺体を直接搬送する直葬などがあります。
何故、葬式に様々なスタイルが生まれたのでしょうか。
一つは日本における雇用環境の変化です。
非正規雇用が珍しくなくなり、これまでのような葬儀を行なうだけの費用を工面できなくなった人が少なくありません。
かつて葬儀といえば、家族や親類縁者、友人や近隣に住む人など多くの人が参列するものでした。
そのため参列者への食事代や僧侶へのお布施や戒名の代金など費用がかかり、何百万円はするのが葬式でした。
しかし、一度にそのようなお金を工面できない人が増えたことを踏まえて、各葬儀会社は通夜や参列者の数を省いた費用のかからないプランを作るようになりました。
次に人との付き合いが希薄になったことが挙げられます。
子供の数が減り、親類縁者の数も少なくなりました。
近所付き合いも都市部では希薄になり、隣に住む人をよく知らないという人もいます。
参列者は少ない人数で質素に行なうことに抵抗がない人が増えました。
最後に葬儀会社による葬式のイメージの払拭があります。
かつて葬儀は死を扱うために明るいイメージはありませんでした。
しかし、現在は自分で遺影用に写真を撮影したり、棺に入れる花や会場に流すBGMを決めるなど生前から葬儀のプランを立てる、自分らしい葬儀が可能になり、葬儀に対するイメージが変わりました。